<改過遷善>13話・キム・ミョンミン、一歩遅れて父の愛を悟り嗚咽

このトピックの投稿一覧へ

なし <改過遷善>13話・キム・ミョンミン、一歩遅れて父の愛を悟り嗚咽

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/6/18 18:58
yuson  管理人   投稿数: 2681
キム·ミョンミン、一歩遅れて父の愛を悟って嗚咽


父の認知症性疾患を知ったキム·ミョンミン(ギムソクジュ)が
ようやく父の愛を悟ってすすり泣いた。


18
日に公開された「改過遷善」の現場写真には、
アルツハイマー病(認知症を引き起こす疾患)の判定を受けた
ソクジュの父(チェ·イルファ)が

道を歩いていてショックで倒れる場面が登場した。
ソクジュは、一歩遅れてこの事実を聞き病院に走ってきたが、
意識を回復した父は息子のソクジュを見分けることができない。

事故で短期記憶喪失症にかかった息子ソクジュと、
痴呆性疾患で家族の記憶まで行ったり来たりしている父が会ったわけだ。
ソクジュは、自分自身を見分ける事ができない父と話を交わして、
自分を心配して愛する父の真意を知り、
病院の廊下に座って一人で号泣する。


父が倒れて、
詐欺性濃厚な為替レート商品で大きい被害をこうむった
父の知人たちは信頼できる所がない状況
.
ヨンウの事務所を出てきて、当分休むと明らかにしたソクジュは
これらの困難な状況を見て断ることが出来ない状況になる。

News sourceTV REPORT

--
☆ yuson ☆

投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ