「朝鮮名探偵〜日雇いの娘〜」応援メッセージと贈り物をミョンミンさんにお届けしてきました!撮影所訪問後記❤

このトピックの投稿一覧へ

なし 「朝鮮名探偵〜日雇いの娘〜」応援メッセージと贈り物をミョンミンさんにお届けしてきました!撮影所訪問後記❤

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2014/8/16 23:40 | 最終変更
koguma  レギュラー   投稿数: 959
 皆さん、こんにちは。

カフェJAPAN管理人のkogumaです。

皆さんにご参加下さいました、ミョンミンさんの次期主演映画「朝鮮名探偵2〜日雇いの娘〜」への応援メッセージアルバムと、
ご協力頂きました協賛金でご用意させていただいたカフェJAPANからの贈り物を、
8月10日、撮影中のミョンミンさんに無事、直接お届けして参りました。


アルバムと贈り物のご案内スレッドはこちらです。↓

http://kimmyungmin-japanofficial.com/modules/d3forum/index.php?topic_id=445

この贈り物とアルバムを、MMIからの贈り物と共にスーツケースに詰め込んで、ソウルに入りました。

毎回、同じ宿に宿泊しては、とりあえず日本からごっそりと持ちこんだラッピング用品を駆使して、部屋中とっちらかしながら、部屋に一日中おこもりして、
その場その場のアイデアをふりしぼってラッピングしていきます。
どんな風なラッピングになるかは、出来あがるまでは私もわかりません。

まァそれでも、今回はアルバムと、カフェJAPANからはスリッパ類だけだったので、
それ程は難しく凝ることはなかったですが、MMIからの物資もありましたし、
寄る歳波(?)なのか、少々体力と集中力の減退に翻弄されながらの仕上げになりました。

まずはカフェJAPANとMMIの合同のメッセージアルバム。


痛まないようにビニールカバーをかけ内袋に入れ、薔薇の包装紙で包んで大きなゴールドのオーガンジーリボンをかけました。

ミョンミンさんへの贈り物のスリッパ。サンダルは・・・


こんな形に二段重ねでリボンをかけて・・・アルバムと一緒にお渡しします。


キム・ソッキュン監督様、イ・ヨニ様、オ・ダルス様への贈り物もきれいにラッピングです。お名前のカードもそれぞれお付けします。


それをお一人分ずつ紙袋にいれてリボンと名札カードで飾り付けます。
紙袋には「キム・ミョンミカフェJAPAN」のサイトロゴシールを張り付けました。
ミョンミンさんのはゴールドのリボンです。アルバムも一緒に入れています。


MMIからは、夏バテ防止セットと銘打った贈り物でした。
俳優さんへのしっかりとした贈り物はカフェJAPANが引き受けた分、
撮影チームの皆さんへの差し入れに重点を置いた贈り物の用意はMMIにお任せしました。


輪切りレモンを召し上がった後のエキスを割って飲んで頂くための炭酸水は現地で調達。


そして、MMIからの贈り物と一緒に記念写真です。


こうしてラッピングの仕上がったアルバムと応援物資は、
8月10日に韓国公式サイト「サランハギ」主催で開催された、撮影所訪問イベントで、南楊州の撮影所にて
ミョンミンさんに直接お渡ししてきました。

8月10日「朝鮮名探偵2~日雇いの娘〜」撮影所訪問

イベント当日

朝9時半。
きれいに飾り付けた贈り物を、定宿のフロントの親切なお姉さんがチャーターして下さったこれまた親切な運転手さんのタクシーに積み込んでいざ撮影所まで出発。
サランハギからチャーターされたバスが撮影所の最寄り駅から送迎してくれる事にはなっていましたが、私一人ではこの荷物をそこまで持参することも出来ず、ホテルから撮影所まで、タクシーでまっすぐ行くことに。

しばらくは街中でしたが、だんだんと田舎道へ・・
山や小さな湖が見えて来て、運転手さんが「この辺は景色も空気もきれいですよ」と教えてくれます。

走る事一時間ちょっと・・
いよいよミョンミンさんが「朝鮮名探偵2~日雇いの娘〜」を撮影なさっている撮影所に到着です。

すでにサランハギの運営者のミラさんが到着されていて、
サイトの応援横断幕も晴れやかに張られ、
ケータリングカー(パプチャ)のスタッフさん達がテントを立て、テーブルも並べ、忙しくお料理のセッティングを始めておられます。









私は荷物を下ろして、しばし、周辺を散策。

撮影所の建物の駐車場に設営されたブッフェのためのテント。
下の道路から見上げたところ。撮影所自体が山に登りながら建物がいくつかエリア内に建っているような感じです。

エリア内にある街灯。飾り旗が付けられています。
「コフィック・シネマコンプレックス」「コフィック・ムービーワールド」
南楊州総合撮影所
と書かれています。

テントを張った会場の道を挟んだ向かい側は、自然溢れる緑の山。
道の下を見下ろすと、映画のワンシーンに使われるんだろうなと思われるような古ぼけた庵と小川が・・




ミョンミンさんの所属事務所のチャン理事が出て来られ、ご挨拶を申し上げました。
チャン理事は、カフェJAPAN,MMIから用意して持参した贈り物をご覧になり、丁寧にお礼を言って下さり、それを運んできた私の労をこれまた丁寧に労って下さいました。
そして、その贈り物をどこに置きましょうという話になった時、
チャン理事とミラさんが「とても綺麗にラッピングして下さっているし、
監督さんや他の俳優さんの贈り物まで準備して来て下さっているので、
皆さんの目に着くところにきれいに並べましょう。華やかになりますよ」と、
なんと、ミョンミンさん達スタッフさん達が出入りする出入り口理事自ら運んでにきれいに並べて置いて下さいました。
そして「今日はオダルスさんとチェムソンさんはいらっしゃらないけど、
監督さんと女優さんはいらっしゃるので、お食事の後にお渡ししましょう」とチャン理事。

こんな感じで、晴れやかに並べて下さいました。
この出入口を、ミョンミンさんは何度も出入りなさっていました。


今回は前回のドラマ撮影所訪問の時と違って、
時間的に余裕があるとのことで、時間どおりにミョンミンさん達スタッフの方々もお食事に出て来られるとのことでした。
サランハギの参加メンバーの方々も皆バスで到着されたらしく、引率のサランハギのもう一人の運営者のウンジュさんもご到着。
ミョンミンさん達スタッフさん一同の方々がお食事を終えられるまではメンバーの皆さんは別の建物内で待機なさっているとのことでした。

時間どおりにお食事が始まるとのことで、ビュッフェのお料理が次々に並べられていきます。それはそれは豪華で、どこかのホテルビュッフェのようです。

お寿司にお刺身・・・

素晴らしいオードブル〜 マシケッタ!(おいしそう!)

日本そばもあります。

ケーキや果物も!

温かいお料理も^^


これでもかというくらいのオードブル

ケータリングでここまでのお料理が出るとはびっくりです。


午後12時半を少し回った頃、
スタッフさんがぞろりと出て来られたかと思うと、
あ!真っ白な装束に頭を結って、あのお髭を蓄えたミョンミンさんが
輝く笑顔で建物から出て来られました!

サランハギの運営者さん達がミョンミンさんのそばに行きご挨拶をされます。
私は後ろの少し離れた場所から「アンニョンハセヨ」と頭を下げました。

ミョンミンさんは「アンニョンハセヨ」と笑顔で返して下さり、
他の方達で視界が少し遮られるのを、私の顔がちゃんと見えるように
体勢を少し反り気味に傾けて、
「お元気でしたか?」と笑顔でお声をかけてくださいました。
ソクジュの面影は微塵もなく、あのナウリが目の前に!

サランハギの方と、ミョンミンさんと理事は取りあえずの段取りを確認されて、
これからミョンミンさんはスタッフさん達と共にお食事をなさるとの事で、
残っていた運営者陣も席をはずします。

今回は、製作中の映画なので、ミョンミンさんは勿論のこと、スタッフさん達の写真も一切を撮ってはなりません。
お食事中のところを見るのは失礼なので、遠く離れたところに私たちは移動します。
ミョンミンさんらしい方が、座っておられる後ろ姿、
おかわりを取りに行かれてるらしき姿は見えましたが・・(笑)

そしてお食事を済まされて、ミョンミンさんは建物の中に入って行かれました。
女優のイ・ヨニさんがいらっしゃったようなのですが、私は全く気が付きませんでした。豪華な韓服を着たきれいな方が何人かいらっしゃったので、
そのうちのお一人だとは思いますが、離れたところにいたので、まったくお顔を見ませんでした。

チャン理事が、私達運営陣のいる場所に、
お食事を済まされたキム・ソッキュン監督様と映画製作会社の方をお連れして来て下さいました。

キム・ソッキュン監督様は、ご挨拶と共に、お食事のお礼、そして、
「今回の映画はとても良く、前作よりもミョンミンさんがきれいにカッコよく撮れている、前作よりもたくさん期待して下さい!」と満足げに嬉しそうにお話しされました。

チャン理事がこの時に、監督様にカフェJAPANとMMIから持参した贈り物をお渡しする機会を創って下さり、
サランハギからの贈り物の次に、私の手から直接、監督様へ贈り物をお渡しすることが出来ました。

監督様は大変喜んで下さり、サランハギの公式フォト撮影に応じて下さっていました。

そろそろスタッフの皆さんも大方の方がお食事を終わられ、ファンクラブの運営陣にお礼を言いながら引きあげようとする頃、
ミョンミンさんが又建物から出て来られました。
カフェJAPANとMMIからの贈り物を見て、そのそばにいた私に
「ありがとうございます。これを持ってくるのは大変だったでしょう?」と。
私「(小声で)重かったです」
ミョンミンさん「苦労なさったでしょう?」
私「(ボソボソと)力がありますから」
ミョンミンさん、腕っ節が?というように身振りをされて
「あ〜力があるから?」と(笑)
私「あ、この贈り物の中に、海外ファンからの応援メッセージがありますので、是非読んで下さい」
ミョンミンさん「あ〜応援メッセージですか?はい、わかりました」

そのやり取りをしている目の前で、理事とマネージャーさんが手早く贈り物を仕分けして、ミョンミンさんへの贈り物と女優さんの贈り物は建物の中へ運んでいきます。
MMIからのレモンの輪切りと炭酸水だけその場に置いています。
あとで頂くからと・・・
どうやらその日は「サランハギ」の創立祝いのケーキも用意されているようで、あとでミョンミンさんと一緒に御祝し、その後、そのケーキは撮影隊の方々に差し入れられるとのことで、そのケーキと一緒にレモンの輪切りを皆で頂きます、との理事とミラさんとウンジュさんのお話しでした。

サランハギの方が、「今回はほぼ時間どおりにお食事出来ましたね」というと、
ミョンミンさんは、「えぇ、今回は撮影が凄く早く進んでるからね。前回は本当に長く待たせてしまって・・・」と、顔が曇り、前回「改過遷善」撮影所訪問の時にファンを長時間待たせてしまった事をとても申し訳なく気になさっていたご様子でした。

出入り口に立ってお話しされているミョンミンさんの横を、スタッフさん達が何人も何度も出入りし、そのたびに、
「ミョンミンさん、ご馳走様でした。」「ミョンミンさん、ありがとうございました」と、口々にミョンミンさんにお礼をおっしゃいます。それに笑顔で応えるミョンミンさん。

私はその様子を見て、
「あ〜・・これがファンクラブの役割なんだな」と感動を覚えました。
自分達の愛する俳優を盛り立てること。
ファンクラブにはその大事な役割があり、実際にこういう場面を目の当たりにして、肌で感じてきました。
私達海外ファンクラブには、こんな風にケータリングカーを出すような応援は出来ませんが、
私達に出来ることで、ミョンミンさんを主演俳優として盛り立てていく活動をこれからも熱心に続けていきたいと、心の底から思いました。

もうすぐファン達がお昼ご飯を食べに一斉にこちらにやってくるとのことで、ミョンミンさんは「又あとでね」と一度建物の中へ入って行かれました。

ようやく私達ファンはお昼ご飯です。
とってもおいしいお食事メニュー。
飲み物もコーラ、サイダー、ミネラルウォーターが十分に用意されています。

「あと15分で食べて下さい!
ミョンミンさんとの出会いの時間です!」

サランハギの運営者のウンジュさんの声が響き、皆焦って料理をかっこみます。

目の前の建物に入り、小さな部屋に入るとミョンミンさんのためのテーブルとイスが用意されていて、他は適当に座る感じでした。
もう、すでに良い席は皆さんで埋まっています。

どこに座ろうかな?とぼやぼやしているうちにミョンミンさんが「アンニョンハセヨ〜」と明るい大きな声でいきなり入って来られました。
「きゃーーーーー!!」
黄色い歓声が一斉に上がります。
ふと、私の足元の席がぽっかりと空きました。
そこは少し横でしたが、一番前の席でした。ラッキー

ミョンミンさんは明るい表情で、眼がキラキラと輝いて声にも張りがありました。
きれいにお化粧を施していて、髪を結い上げているせいか、ソクジュの時より痩せて見えました。
おひげはあのナウリのおひげ^^
おひげのせいか、素でもナウリが憑依しているのか、
どの表情を見ても、ひょうきんなナウリにしか見えません(笑)

以下、ファンとのやり取りを順不同で、記憶の限り書いてみますね。
一部、ネット上にはまだ書いてはいけない内容をお話しされていますので、それは割愛させていただきますが、ご理解くださいね。

まずはミョンミンさん、ご機嫌でお一人でお話しされていました。

皆さん、お元気でしたか?(はーい)
お久しぶりです。前回もいらしてた方もいれば、初めての方もいらっしゃいますね。遠く釜山の方々も・・・
(日本からも来られてる方もいます)
あ〜そうですね、と覗きこんで会釈して下さるミョンミンさん。
(私ではなく、他にいらした日本ファンの方にフフフヨカッタネ、クッコサン ;) )

今回の作品はとても順調で、前作よりとても綺麗に撮れていて、
良い作品に仕上がってるんですよ。期待して下さい。

(「鳴梁」の映画でしきりに記事でチェ・ミンシク氏と李舜臣役を比較されている事を受けて)
皆さん、映画見られましたか?
私はまだ見ていませんが、よく出来ていると聞いていますよ。
(ファンが「私達にとっての李舜臣はミョンミンさんだけです」、の声に)
「そのようなお話は、この私たちだけでしましょう(笑)」と、ユーモアを込めていたずらっぽく、今の配役の方達に配慮のお言葉。流石です(笑)。
ファン一同「うんうん」と笑顔でうなづきます。
 
前作の「改過遷善」のドラマは「辛かった」のではなく、「物凄く辛かった」んですよ。

キム・ミョンミンはもう、ドラマに出ないのではないかと思っている人もいるでしょうけど、私は今、そんなことはない。
なぜか前のドラマが終わった時、すぐにドラマがやりたい!と思ったほどなんですよ。以前は、ドラマにはもうでないと言った事もあるけれど、今はそう思わない。相変わらず環境は良くないけれどね。

(ファンからの「もうMBCには出ないのか?」の質問に、苦笑して)
どうせ放送局は3つしかないんだから・・と(出るよ、というお答えの意味だと思います)

(ロマンスコメディーの話が来たらどうしますか?ロマンスやってほしい)
ヒューヒューとファンが冷やかす。
照れ笑いをして「良い台本が有ったら、持って来て下さいよ。」と手を差し出すミョンミンさん。

今回の撮影は大変順調で、殆ど雨も降られることも無く、
10月末までの予定だったが、もうあらかた撮り終わって9月末には終わる予定で、一か月くらい早く終わりそうだ。
 
今の映画のスタッフ達は2回目の顔合わせで、
今日のケータリングカーの食事を何日も前からとても楽しみにしてたんですよ。皆、前回の事を知っているからね。
で、今日は朝から、スタッフ達がそわそわしてるし、しきりに私の顔を見て、「ミョンミンさん、今日はありがとうございます」「今日はご馳走になりますね」と言いに来る。
最初のうちは「はいはい」とか言ってたけど、あまりに期待が大きいので、
本当に今日だったよな、これでもし、今日じゃなかったらどうしようと、不安になってきて・・・撮影スタジオは上の階に有るんだけど、
窓からそっと下を覗いて、準備が始まったのを見て、アァ良かった、今日だったと安心したんですよ。
(ミョンミンさん、上からそっと覗く真似をして)、あまり顔を出したら駄目だから。こんな髪形の人は他にもいるけど、こんな髭は私だけだから、覗いていることろをファンに見つかったら大変だから(笑)

(ファンからその髭、プリングルスみたいです〜と言われ)
(笑)え?プリングルスお好きなんですか?

(その髪の毛は伸ばされたんですか?の質問に)
はい、伸ばしました。後ろを結いあげないといけないので、普段はそんなことは絶対にしないのですが、実は、「改過遷善」のラストの方は、髪を伸ばしてたんですよ。本当はきちんと散髪したヘアスタイルでないといけないのに、よく見たら髪長いんですよ、ソクジュ。本当に申し訳なかったんだけど仕方なかったんです・・・と告白しておられました。

(「改過遷善」のドラマの中で、ファンからの贈り物の靴をソクジュが履くシーンがあったんですが、その贈り主のファンの方が嬉しかったとお礼を申し上げると)
スタイリストの用意した靴が何足か有ったんですが、似たようなデザインで気が乗らなくて、
その靴のデザインがとても良かったので、その頂いた靴をはいたんですよ。

ミョンミンさんとのお話が20分ほど経った頃、助監督さんがミョンミンさんんに監督さんからの伝言を持ってきます。
ミョンミンさんが皆に紹介して下さいます。

「せっかくだから、あと10分、お時間差し上げますので、ファンの方達との時間をゆっくり過ごして下さいと監督様がおっしゃっています」

皆から歓声が上がり、助監督さんに拍手が^^

そこで、サランハギの運営者さん達がろうそくに火を灯したケーキを準備してミョンミンさんの前に運んできます。

ミョンミンさんはきょとんとして「これは何?」
「誕生日なんです」
「誰の?」
「サランハギの」
「あ〜それなら皆さんの方を向けて皆さんのお祝いでしょう」
「いえいえ、ミョンミンさんが吹いて下さい」

では、ということで皆で「センイルチュッカハンミダ〜」を合唱し、ミョンミンさんがふーと吹き消し、皆で拍手〜〜〜
「ケーキはスタッフさん達で召し上がってくださいね」と運営者さん。

あぁ、このケーキと一緒に、MMIからのレモンが振る舞われるんだなと私はとても嬉しく思いました。
ケーキは100人を超すスタッフさんで分けるには余りにも小さいので
レモンの輪切りが一緒に振る舞われたら、サランハギとMMIのコラボで
十分に楽しんで頂けると思いました。

ミョンミンさんは、「では私はこれで行きます。後10分時間を頂けると言われても、10分後に又呼びに来るまでに私は早めに戻ろうと思います。そうする事がいいと思っています」

皆「はーい。頑張って下さい」と拍手

運営者さんの「ミョンミンさんと集合写真を撮りましょう」の言葉で
皆一斉にミョンミンさんのそばにキャ〜〜
私は端っこの後ろに、と思っていましたが、これまた人波に押されて運よく最前列に。
ミョンミンさんと皆で揃ってVサインで「キームチー」

最後はミョンミンさんは皆とハイタッチをして下さりながら笑顔で撮影に戻って行かれました。
(私も遅ればせながらハイタッチに手を伸ばし、ミョンミンさんの手に触れることが出来ました。あったかかった〜❤)


こうしてカフェJAPANとMMIからの応援メッセージアルバム、応援贈り物は無事にミョンミンさんの元にお届け出来ました。

映画撮影が順調で、時間的余裕があるようなご様子のミョンミンさんですので、
メッセージアルバムはきっと撮影の合間に読んでくださったことと思います。

カフェJAPANからの贈り物のスリッパとサンダルも、きっと撮影所やご自宅で使って下さると思います。
撮影所訪問の時は、ナウリの衣装である黒いブーツのような靴を履いておられました。
足もリラックスして頂けたら嬉しいですね。
膝から下のスネがとても長くて、ゲートルのようなものを付けておられたのが一層お似合いでカッコよかったですよ。
暑いので、いわゆる韓服の上着にあたる色物のふわっとしたお召モノを着ておられなくて、スリムな白装束。チャングンが白装束で罰を受けたお姿に近いかな?

本当にカッコよかったです。

最後に私はチャン理事とマネージャーさんにご挨拶して、お礼を申し上げ、お別れしてきましたが、
お二人の方から手を出して握手をして下さり、MMIとカフェJAPANの皆さんへ大変感謝して下さっていました。
 

この日のお写真は映画が公開されれば、サランハギの方で公開されます。その時まで楽しみに待っていてくださいね!

私からはこれだけ・・・



フフフ・・

ミョンミンさんがお食事の時にお座りになった椅子です(*^−^*)

「朝鮮名探偵2〜日雇いの娘〜」応援プロジェクトにご参加、ご協力くださいました皆さまにスタッフ一同心より御礼申し上げます。
韓国公式ファンクラブの運営者さん達から、「MMI、そしてキム・ミョンミンカフェJAPANのおかげで、サランハギもさらに輝きを増すことが出来ました」との
有難いお言葉を頂き、「サランハギで手が回らない部分をMMIとカフェJAPANでカバーして下さり、本当に有難いです」との感謝の言葉を頂きました。

キム・ミョンミンカフェJAPANは、
これからも、キム・ミョンミンさんを盛り立てられるしっかりした日本公式ファンクラブとして、誠実に一生懸命活動をしていく所存ですので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さん是非、ご一緒に応援を贈りましょう。


長文、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


koguma

追伸:応援プロジェクトの会計報告は後日させて頂きます。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ