キム・ミョンミン、ハチャメチャ姿で反転暗示”李成桂将軍信じてはいけない”

このトピックの投稿一覧へ

なし キム・ミョンミン、ハチャメチャ姿で反転暗示”李成桂将軍信じてはいけない”

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/10/6 3:22 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3031


六龍が飛ぶ】キム・ミョンミン、
ハチャメチャ姿で反転暗黙の ”李成桂将軍信じてはいけない"


5日に放送されたSB【六龍が飛ぶ】では
御名を受けて開京に進入するイ・ソンゲ(チョン・ホジン)の姿が描かれた。
イ・ソンゲのニュースを聞いて儒者と臣下は皆喜んだ。
彼が明国との戦争を防ぐことができるという期待からだった。

嬉しい知らせが宮殿内に広がっている中、
チョン・ドジョン(キム・ミョンミン)はめちゃめちゃに歪んだ姿で登場し
彼の性格を暗示した。

片方の靴はどこに捨てたのか片足は足袋だけ履いた足姿だった。
身なりのように変わり者のような語り口で大臣たちの話に気乗りしない反応をする
チョン・ドジョンだった。

「もう元国との宿願も終わりだね。 イ・ソンゲが戦争を防いでくれるだろう。」

と喜んでいる大臣たちを見てチョン・ドジョンは意味深長な一言を残した。

「イ・ソンゲ将軍をあまり信じないでください」

と警告する彼の言葉に誰も耳を傾けていなかった。

かえってイ・ソンゲ将軍を侮辱したとし、
怒号を聞く間にもチョン・ドジョンは彼らを無心に通り過ぎた。
このようなチョン・ドジョンの姿を見て大臣たちは大きく失望する気配だった。

「著者が大仕事をやってのけたというその三峰が合っている」

と懐疑的な見方もあったが、
その中には過去イ・インギョムの計略を見破った唯一の人だった
チョン・ドジョンに対する信頼もまたあった。

それでもチョン・ドジョンより大臣たちは
イ・ソンゲに対する無限の信頼をのぞかせた。

「今回は三峰が間違っている。 イ・ソンゲ将軍を見たことがなくてそうなのだ。」

と、チョ・ドジョンの話をうわの空で聞き流している姿だった。

一方、チョン・ドジョンはひそかに書簡を作成して
戦争を防ぐための実質大作を用意しようとする反転で
ドラマの緊張感を吹き込んだ。


http://reviewstar.heraldcorp.com/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10298343

--
☆ yuson ☆

投票数:8 平均点:10.00

投稿ツリー

  条件検索へ