キムミョンミン 【伝説の人生 2】

このトピックの投稿一覧へ

なし キムミョンミン 【伝説の人生 2】

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/6 18:39 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3022

【伝説の人生 1】に続き【伝説の人生 2】をご紹介しまーす



【伝説の人生 2】 キム·ミョンミン、彼が国宝級の 俳優になるしかない理由。

俳優キム·ミョンミンが熱い演技情熱で「国宝級俳優」であることを立証した。

「不滅の李舜臣」で演技大賞を受賞したキム·ミョンミンは
その後も李舜臣が更新されるもう一つの作品に出会った。
2007年最高のドラマ「白い巨塔」だ。

野望に満ちた天才医師「チャン·ジュンヒョク」という多面的キャラクターを
鳥肌が立つほどの演技で消化した彼は、
評論家たちの熱い絶賛を受け、
以後、卓越した境地の俳優という意味の「演技座」の修飾語まで得た。

「演技座」のオーラは続いた。
2008年のドラマ『ベートーベンウィルス』でカン·マエを演じ、
語るたびに名台詞に仕立て上げ、
センセーション的な人気を集めた。

しかし年末の授賞式で「太王四神記」のペ·ヨンジュンに押され、
大賞受賞に挫折、
2008年には「エデンの東」のソン·スンホンとともに
共同大賞を受賞し、ファンに惜しまれた。

以後、彼は本格的な映画活動を始めた。
特にハ·ジウォンと共演した映画『私の愛、私のそばに』で
韓国のクリスチャン·ベールと呼ばれた。

理由はつまり、クリスチャン·ベールのように役のため、
なんと20キロも痩せたからだ。
低血糖の症状が現れ、
倒れるほどで同僚から心配されたほどだった。

また、ルー·ゲーリック病を正しく理解するために
関連書籍数十冊を読破し、
患者を正しく理解するために人と会わなかった。

また、2010年に出演した映画『破壊された男』では
娘を拉致され壊れていく元牧師を演じ、
3日間夜を明かす場面を撮るために本当に3日間夜を徹するほどだった。

ここで終わりではない。
マラソンランナーとして出演した映画「ペースメーカー」でも
1週間に3-4日ずつ実際のマラソン選手と同じような厳しい訓練を受け、
リアルさのためにノーメイクで出演までした。


http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1238721

投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ