【記事】「キム・ミョンミンらしいキャラクター?」 10年に一度、いや5年に一度! ? (NO.3)

このトピックの投稿一覧へ

なし 【記事】「キム・ミョンミンらしいキャラクター?」 10年に一度、いや5年に一度! ? (NO.3)

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/6/13 22:32 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3019


被疑事実公表罪はもちろん、デート暴力、バッドパパなど多様な社会的問題が登場した。

法曹人でないのに代理する俳優としても、胸が熱くなる時が多かった。 単なる法廷ドラマだと思っていた方々にもそのようなことが十分伝わったはずだ。ミステリースリラーとも言われるが、激しく競争し、理解しようとする専門大学院の話がある。 全般的な問題、問題を投影しながらいろいろと示唆するところが大きかった。 私も俳優として何かを指摘することはできないが、間接的に体感する部分が大きかった作品だった。 余韻も長く残りそうだ。生きていく瞬間、同様の問題が浮き彫りになるたびに、ロースクールへの思いが切になるだろう。"

実際、「事実とは無関係」という字幕の告知はあったが、現実の中の為政者を連想させる部分がある。 --このため、負担になったり萎縮したりしたことはないか。

ドラマはドラマだ。 被害事実公表罪のような愚直な所在を扱いながらも、偏らずに考えられる命題を投じた。 十分に共感するが、一度判断を下せる、一緒に法廷に座って一票を投じられそうだ、私にあれこれ言える宿題を投げかけたのではないかと思う。 私もそのような部分が多く出て、深く入っているのではないかと一時考えたが、そのようなことを負担なく解決し、ロースクール学生個人の事情は続いた。 見る楽しさと社会的現実がミックスされたようだ。 それほど気軽に撮影することができた。

 

一番心に残る場面があったとすれば。

「最終回でカン·ソルAの質問にヤン教授が足を引っ張られる。 「法であり、私が教授に学んでいるその法がコ·ヨンスを捕らえることができるだろうか。」それがヤン教授がソ·ビョンジュが死に至るまでを見て、自らに投げかけた質問ではないだろうか。 ヤン·ジョンフンが第16回で見せた姿、教育の所信などがその一つの文章に込められているという感じを受けた。 法を具現する法曹人の姿勢に気付き、匕首(短刀)になってきたセリフではないかという気がする。 今でもその場面がひりひりと残っている."


痛快で面白く感じた場面があるとしたら?

「変態なのか分からないが、人前で誰かを叱る時が好きだ。(笑い)かわいそうだけど、パク·ヒョックォンさんが『白い巨塔』の時からそういう役で出て(笑い)私が好きだ。 演技も好きだし、すごいと思う。 ヒョックォンさんが私と一緒に演技をする時になると、浮き浮きする感じだ。 戦場に闘いに出る時 十人二十人の将帥と出かけるより、長年の仲間一人のヒョックォン氏と出た方が心強い感じがするほどだ。 今回の作品でも、真剣な検事役をあまりにも憎たらしくよくやってくれてありがたい。 それによって、ヤン教授が更にも増してうまく生きたようだ。 そのような場面で快感、サイダーのようなっ爽快感があった

 
キム・ウンスク教授役のイ・ジョンウンとは初めての呼吸だったが。


「劇中のキム·ウンスク教授はすべてを打ち明けることができる人だ。 実際、イ・ジョンウンという人がそうだった。 初めての飲み会で、自分の過去を全て語るようになる魔力があるとでも言おうか。 最初からためらわずに「お姉さん」と呼んだ。 製作報告会でも話したが、梨の果汁とザクロの果汁などを用意してくれて、もっと実の姉のように親しくなった。 そのため、お互い長い作品を一緒に手がけてはいないが、目を見ただけでも通じ合えた。 キム·ソクユン監督のベースが敷かれている。見てみると、俳優たちもみんな同化して家族のように演技した。"


「キム·ミョンミンらしいキャラクター?」 10年に一度、いや5年に一度!NO.4へ続く〜

 

投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ