2018.09.04 OSENインタビューPart.1 キム・ミョンミン<【물괴】”残酷によく描かれた”、CG満足そう>

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/9/9 13:48 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3020

9月4日に行われたOSENとのインタビュー記事です

【물괴】の出演を決めた理由
作品を選ぶ時のお話、
これからの韓国映画界の事...
などなどのお話をされています

キム・ミョンミン"【물괴】'残酷によく描かれた、CG満足そう

 

'演技本座'という修飾語が自然によって追いつくキム・ミョンミンは、
自他共に認める韓国最高の演技派俳優であると同時に多作俳優だ。
 彼のフィルモグラフィーを調べているだけでも熱い演技情熱を感じることができる。


お茶の間とスクリーンを行き来できるキム・ミョンミンが

2月の旧正月連休に公開した【朝鮮名探偵 吸血鬼魔の秘密】以来7ヵ月ぶりに、
ラマ【僕達が出会った奇跡】以降4ヵ月ぶりに映画【물괴】でカムバックした。


물괴】は中宗22年、
朝鮮に現れた怪異な動物물괴と彼を追う人たちの死闘を描いた物語を盛り込んだ。


目を離せない展開と
물괴を追うユンギョム(キム・ミョンミン役)
성한ソンハン、ミョン선전관ソンジョンガンなど
4人のスリルあふれる緊張感が加わり、終わるまで見る楽しみを満喫できる。

 

中宗実録には(中宗22617)물괴について

『発生したのは番用犬種のようで、

サイズは子馬のようなもの

と描写されている。

『当代軍事たちがムルグェを目撃したが'チュンチャン衛青の角で大きな音を出したら
色々な方向に向かって走ってきたのでみんな驚いて叫び声を上げた。
部屋には魚の匂いが漂っていた』

と書いた。

 

ホジョンホ監督が実録に書かれている事実を基盤に想像力を発揮し
물괴の形状をスクリーンに移したのだ。


キム・ミョンミンは最近、ウル三清洞(チョンログ・サムチョンドン)のあるカフェで行われた
OSENとのインタビューで

 

「【물괴】を選択した理由は、俳優として自分の成功のための挑戦ではなかった。
私の成功が保証された作品、ジャンルだけを安易に選択することはできない。
国内で新たな試みクリチャ―物であるが、
観客の評価が良くても良くなくても、
私は多様なジャンルの映画が国内に多くならなければならないと思う」

 出演を決めた理由を明らかにした。

さらに、彼は

「【물괴】の製作陣をはじめ、俳優たちが一生懸命することはしたが、
批判を受けると映画界が再び引き締まるのではないか。
観客たちに良い評価を受けたらいいね」

 
と韓国映画が、
今後新たなジャンルを開拓していかなければならないという意見を出した。


マスコミ配給の試写会を通じて完成本を初めて見たという彼は


「私もマスコミ試写会を通じて映画を初めて見たが、
물괴】が残酷によく描かれた。 CGも満足している。
ムルグェが私より演技を上手にしてくれた。 同情も行って()


と作品の完成度に満足感を示した。



キム・ミョンミンは'、作品の選択基準'を問う質問に


「私は映画やドラマの出演を決める際、
最も重要に考えるのがストーリーの力です。


私がシナリオを見た時の話が面白くなければならない。

そのことにより手が行くことになるようだ」


と作品の出演を選択する過程を説明した。


물괴】はキム・ミョンミンから
ガールズグループガールズデイ出身の俳優ヘリまで束ね
とても新鮮な組み合わせ誇る。



ドラマと映画を行き来しながら

多様なキャラクターを消化してきたキム・ミョンミンが
朝鮮時代の王中宗を保衛するユンギョムの役を演じた。

これまで時代劇ジャンルで、
断然目立つ存在感を発揮したキム・ミョンミンが

물괴】でもう一度自己の強みを発揮した。

 
ジャンルにこだわらず、
限界を超えてメソッド演技を見せてくれたキム・ミョンミンは

물괴】でまた人生のキャラクターを更新した。

捜索隊の先鋒に立って【물괴】を追いかける彼は
過去、内禁衛長経歴にふさわしく

華麗なアクションを誇るのはもちろん、
一人娘の命を守る父性愛を見事に描き出している。

http://osen.mt.co.kr/article/G1110985573

★クリチャ―... 獣(けもの) 想像上の生き物、伝説の動物。 被造物、創造物。

 

 





投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ