キムミョンミン 【伝説の人生 3】

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/6 19:21 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 2784

3部での伝説の人生、 最後の【伝説の人生3】でーす


【伝説の人生 3】]キム·ミョンミン、「演技座」の修飾語が惜しくない俳優

キム·ミョンミンが「私の愛、私のそばに」「破壊された男」
「ペースメーカー」などいつも大変で気難しい役ばかり演じたわけではない。

彼はシリーズ映画の不毛の地である韓国映画界の
成功的なシリーズとして定着した映画
「朝鮮名探偵」の主
人公キム·ミンを演じ、熱演を繰り広げた。
コミック演技まで完璧に消化した
『朝鮮名探偵:トリカブトの花の秘密』は480万観客を動員し、
彼が出演した映画の中で最高の興行記録を立てた。

そのおかげで「朝鮮名探偵」シリーズは「消えた日雇いの娘」
「吸血鬼の秘密」まで続き、ファンの熱い愛を受けた。

また、ヨンガシという致命的な虫に感染して
人々が死んでいく災害映画「ヨンガシ」でも主演し、
興行に成功し、映画界での地位を強固なものにした。

しかし、その後彼は不本意な困難を経験した。
映画『ヒマラヤ』に最初にキャスティングされ、
登山家のオム·ホンギル隊長と一緒に
ヒマラヤに直接行ってくるほど万全の準備をしたが、
撮影が延期されて結局降りることになり、
それによって1年という時間を無駄にするしかなかった。

休息の後、2015年の大河ドラマ『六龍が飛ぶ』に
鄭道伝(チョン·ドジョン)役で出演し、
時代劇本座らしく優れた演技力で好評を博したが、
比重の問題で先に降り物足りなさをもたらした。

続いて映画『特別捜査』、『VIP』、『ムルゲ』など
数多くの作品に出演し強烈な演技を披露したが、
興行は容易ではなかった。

ミーガン·フォックスの出演で話題になった作品
『長沙里 忘れられた英雄たち』もやはり低調な成績で興行に失敗し、
スランプに陥った。

そんな中、2018年、自分を演技の本座にしたお茶の間に戻ってきた。

ドラマ『私たちが出会った奇跡』で

一人三役の神懸かりの演技を披露したキム·ミョンミンは、
「やっぱり信頼できる俳優だ」という称賛とともに高視聴率を記録し、
その年の年末授賞式で再び大賞を受賞した。

こうしてお茶の間の不敗神話を書き直した彼は
来年上半期のJTBCの自信作に挙げられるドラマ『ロースクール』への出演を確定し、
もう一度代表作の更新を期待させている。

このように配役のためなら、水火も辞さないキム·ミョンミンこそ
「演技座」という言葉が最もよく似合う俳優ではないかと思う。


http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1238722
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ