【記事・画像】『ロースクール』インタビュー

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2021/6/12 14:09 | 最終変更
thoven2380  レギュラー   投稿数: 453
≪インタビュー➀➁➂記事 マイデイリーより≫

http://m.mydaily.co.kr/new/read.php?newsid=202106111450964268

インタビュー➀

演技、毎瞬間死に物狂いで臨む

演技本座と呼ばれる、俳優キム・ミョンミンが演技に臨む自分の所信を明らかにした。

キム・ミョンミンは11日午後、画像オンラインインタビューを進めた。  JTBC水木ドラマ『ロースクール』の後日談を打ち明けた。

『ロースクール』は、韓国最高の名門ロースクール教授と学生たちが前代未聞の事件に絡むようになり、繰り広げられる事件を扱ったキャンパスミステリー。

キム・ミョンミンは『ロースクール』でヤン・ジョンフンを演技した。ヤン・ジョンフンは予習せずには絶対授業に参加できない問答法で学生たちを厳しく非難し、「恐怖のヤンクラテス」という悪名を持った刑法教授。

以降、前代未聞のキャンパス殺人事件から弟子たちが絡み合った事件まで法的に解決する過程で、法と正義、その原則に対するメッセージを深く説破した。  エリート首席検事出身らしい緻密で鋭い法的論理で'法見とはいえ'を強力に非難した法廷攻防、常に一枚上をリードして向かう奇行は、劇的テンションを起こした主要な装置であり、視聴者たちには差別化されたサイダーのような感性をプレゼントした。

これまで数多くの作品で法曹界、医師など専門職を演技してきたキム・ミョンミンは同日、「専門職を演技をしながら経験している困難は、一般キャラクターの時と比較できない。1ページの台詞を覚えるに普通の10倍以上かかる」と告白した。

「だから寝言を言うように台詞を完璧に覚えなければならない。 また、理解しなければ台詞を覚えることは不可能だ。 今回も判例を探しながらセリフを覚えた。 そうしてこそ視聴者に真心を込めて伝えられると思った」と打ち明けた。

続いてキム・ミョンミンは「もちろん最も難しい演技は別にない」とし「ただ、毎瞬間、死に物狂いで臨む。 自分が満足する演技をすることは一生なさそうだが、それでも自分はできるまでやる」と自分の所信を付け加えた。


--
🐶thoven2380

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/6/12 14:20 | 最終変更
thoven2380  レギュラー   投稿数: 453
 インタビュー➁

http://m.mydaily.co.kr/new/read.php?newsid=202106111451516825

『ロースクール』のキム・ミョンミン、話題になったセリフ量 「私はいつもそう準備している」


俳優キム・ミョンミンがオンライン上で話題になった莫大なワンテイクのセリフ量を言及した。  

『ロースクール』が放送される間、オンライン上ではワンテイクシーンでキム・ミョンミンが演じたとてつもない長さのセリフ量が話題を集めた。

「こんなワンテイクの撮影が恨めしくなかったか?」という質問に、キム・ミョンミンは「私はいつもワンテイクで準備するので、ワンテイクの撮影を残念に思ったことはない」と答えた。

続いてキム・ミョンミンは「むしろ私はいつもカメラを置いて一度に撮れたらいいなと思っている。 同じ場面を何度も繰り返せば、自分も知らないうちにマンネリズムに陥りかねないからだ」という考えを付け加えた。


--
🐶thoven2380

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/6/12 14:20 | 最終変更
thoven2380  レギュラー   投稿数: 453
インタビュー➂

https://n.news.naver.com/entertain/article/117/0003505938?lfrom=twitter

『ロースクール』キム・ミョンミン 「シーズン2!!キム・ソギュン監督が行ったら 僕も行く」
 

俳優キム・ミョンミンが魂のパートナーであるキム・ソギュン監督に対する無限の信頼をのぞかせた。

映画『朝鮮名探偵』シリーズに続き、『ロースクール』で会ったキム・ミョンミンとキム・ソギュン監督。 

キム・ミョンミンは「キム・ソギュン監督との再会は私も気になった。あまりにも目を見ても通じる仲だが、ドラマで会ったらどうかが知りたくて期待した」と口を開いた。

キム・ミョンミンは「思ったほどよかった。 残念なのは、映画の現場とは違って、またコロナ19という特殊な状況だから、多くのことを分けることができなかったという点だ。 急迫した状況の中で自分の仕事をしていたため、私語を交わすことができなかったのが残念だった。 それがキム・ソギュン監督の率いる現場の魅力だが、正直言って残念でならない。 最高の監督だ」と自慢した。

続いてキム・ミョンミンは「難しい作品だった。 最近のように10分も持たず、急変する世の中で、真剣に見てくれる人がいるだろうか、と考えた。 初めてシナリオを読んだ時は難しすぎて、逆にキム・ソギュン監督が演出を引き受けると言ったから、すると言った。 そこで監督が準備中だった作品を先延ばしにして『ロースクール』という作品を作ることになり、視聴者にも理解しやすいドラマを作った」と秘話を紹介した。

最後にシーズン2に関する質問には「私はキム・ソギュン監督が行ったら行く」は答弁を残した。


--
🐶thoven2380

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/6/12 14:33 | 最終変更
thoven2380  レギュラー   投稿数: 453
インタビュー内の画像はこちらにまとめて添付しま〜す

  ≪ マイデイリーより≫











≪starnewsより≫




--
🐶thoven2380

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ