【記事】「キム・ミョンミンらしいキャラクター?」 10年に一度、いや5年に一度! ? (NO.4)

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/6/13 22:41 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3020


「ロースクールズ」と呼ばれた後輩たちとの出会いはどうだったか。 --演技の先輩として助けてくれたのか。

「お役に立つ存在であったことを切に願う。 後輩たちとの呼吸は、彼らを見るとここが本当のロースクールなのかドラマのロケ地なのか分からないほど相性がよかった。 彼らの空間、空気を掻き分けたくなくて近寄れなかった時もある。 見るだけでもヤンジョンフンがどうすればいいかが出るほど、本当のロースクールの学生のようだった。 とても良かった。 誰一人抜かさず代わりにすることのできない人物という人物だった。 実際に生きている人物だった。 私に大きなインスピレーションをくれた後輩たちに感謝の気持ちを伝えたい」。


長時間活動してきた。 --これまでスランプはなかったか。

「スランプはいつも続いているようだ。 演技をやめようとした04年があり、その後はずっと小さなスランプがあった。 その瞬間は大変だ。 崖の中に立っていて誰も手を出してくれない。 夢にも何度か出てきた。 私から始まったことだから解決策も自分の中にあったよ. 時間が薬であるかのように繰り返しながら、むちを打ち、分からなかった部分を知り、少しずつ発展するようだ」 「まだ発展しなければならない部分が多くて、ずっと夢を見ているようだ。 ある意味では活力になりそうだ。"

キム・·ミョンミンにとって「ロースクール」とは?

「思い出されると思う。 私を苦しめただけに、記憶に長く残るのではないか」 この作品もやはり、それなりに苦しい瞬間が簡単に忘れられそうにない。 生きていく中でヤンジョンフンのことが思い出されそうだ。 一番最近のキャラクターでもあり、やり方、目指すところ、 背中が私と一脈相通ずる部分がある. 私がこれからどのような姿勢で作品に臨み、俳優としてどのような責任感を持って視聴者に向かっていくべきだという価値観の確立がさらに進んだ。"


ロースクールシーズン2はしないのか。

シーズン2に行けるだろうか。 キム·ソクユン監督が行けば。 今のところは行きそうにないが、多くの方が望めば、監督作家が合意点を見出せるだろう 私もシーズン2に行っても悪くないと思っている。

次の計画は?

「もう少し時間をかけて次期作を選ぼうとしている。 キム·ソクユン監督がアドバイスしてくれたので、突然イメージを一変させるより、余韻を与えて試みるのもいいんじゃないかと思う」。

 

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ