キム・ミョンミンvsチン・イハン、最終的に最高裁で対決

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/6/25 19:38 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 2681
キム・ミョンミンvsチン·イハン、最終的に最高裁で対決

MBC水木ドラマ「改過遷善」が
キコ(KIKO)事件を素材にした法廷の対決で話題を集めている中、

両方のエース弁護士
キム・ソクジュ(キム·ミョンミン)とチョン・ジウォン(ジン·イハン分)が

最高裁法廷で正面対決する。

6
25MBCが公開した写真には、
大手銀行が中小企業に為替レート関連商品を不道徳な方法で販売された事件を置いて
キム・ソクジュとチョン・ジウォンが
最高裁の判事がすべて集まって意見を集める全員合議体の裁判で

法廷争いをする場面が写しだされている。

キム・ソクジュは閑職に押し出されたイ・ソンヒ検査(キム·ソヒョン分)、
チャ・ヨンウ法律事務所の所属だが、
密かに自分自身を助けてくれるバクサンテ弁護士(オ·ジョンセ)、

悩んだ末に、結局 チャ・ヨンウ法律事務所に辞表を出した
イ・ジユン(パク·ミニョン)と
集まって裁判に勝つために役割を分けて証拠を集める。

チョン・ジウォンや、チャ・ヨンウも最高裁まで来たが裁判に死活をかけて、
すべての人脈と権力を動員し、

最高裁判事を味方にするために努力しており、
誰が裁判の勝者になるのか関心を集めている。


一方、外資系投機資本に経営権を奪われた白頭(ペクトゥ)グループの
チン・ジホ(イ·ビョンジュンの方)会長は、

チャ・ヨンウ法律事務所との対決で勝って経営権を取り戻すために
憎悪していたキム・ソクジュを訪ねて行き、
自分の弁護人になってくれることを要請する。

ソクジュは貪欲恥知らずチン・ジホ会長を擁護したくないが、
外資系投機資本の浸透から国内企業を守らなければならないという使命感から
深い悩みに浸され、
新たな悩みを抱える。


News sourceNewsen

--
☆ yuson ☆

投票数:1 平均点:10.00

  条件検索へ