演技派俳優ホン・ブヒャン【六龍が飛ぶ】に出演確定

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/7/28 19:27
yuson  管理人   投稿数: 3025


演技派俳優ホン・ブヒャン【六龍が飛ぶ】に出演確定


演技派俳優ホン・ブヒャンが、
今年10月放映予定のSBSの50部作ドラマ【六龍が飛ぶ】で
比重ある固定役を引き受け磨き上げた演技力を大衆に披露する。

今年の下半期最大の期待作に選ばれる 【六龍が飛ぶ】はキム·ミョンミン、ユ・アイン、
シン・セギョン、ビョン・ヨハンなどがすでに出演を確定した。
こうした中、ホン・ブヒャンは
市場の歌い手で、六龍の中の1人である「タンセ」の協力者である
カップン갑분(イ・チョヒ)の母親の役を引き受け
至高至純な母情でカップンを保護する。

すでに今月中旬 扶余(プヨ)で初めての撮影を行った。
たいてい、時代劇は主な配役の幼い時期を入れた内容がドラマ初期に
先にリリースするものだ。
ホン・ブヒャンは

「まだ台本も出てこなかったけれど、
以後にも娘カップンの回想シーンなどで主に登場するから
出演分量は少なくないと聞いた。」

と伝えた。

演劇舞台を20年間経験したホン・ブヒャンにとって今回の演技は、
第二の時代劇に挑戦である。
昨年MBC特別企画として「ウェルメイド史劇」 と評価を受けた【スベクヒャン】
に出演した。
来る8月7日放映されるKBS【ドラマスペシャル2015・赤い月】も時代劇で、
王子の乳母役を引き受け現在撮影中だ。

ホン・ブヒャンは

「時代劇は、語り口と行動は、現代劇と違うが、演技に特別な困難はなかった。
【六龍が飛ぶ】も時代劇だが、むしろ心は楽である」

と述べた。

彼女は俳優としてだけでなく、湖西芸術専門学校演劇映画科の講義、
湖西大演劇映画科の講義などを務め、
後進の育成にも愛情を持って活動してきた。
現在も主婦劇団「연」の演出を引き受けて演劇との縁を続けている。


http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20150728000630&md=20150728135015_BL



--
☆ yuson ☆

投票数:1 平均点:0.00

  条件検索へ