【六龍が飛ぶ】2次ティーザー、キム・ミョンミンvsユ・アイン立ち向かった5秒‘鳥肌’

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/9 21:15 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3031

【六龍が飛ぶ】2次ティーザー、
キム・ミョンミンvsユ・アイン立ち向かった5秒‘鳥肌’




SBS創社25周年特別企画【六龍が飛ぶ】が
大作らしい歩みを見せて大衆の関心を集めている。

公開された2次ティーザーは
一群の武士がどこかに向かって攻めていく様子から始まる。
続いてどっしりとした存在感の俳優チェ・ジョンウォン、
水拷問シーンなどが公開され、関心を集中させる。
以後ドラマをを導いて行く六龍が次々と登場して
【六龍が飛ぶ】が描き出す大きなスケールと,しっかりとした俳優たちの力、
幅広いストーリーに対する期待感を蓄積していく。

まず六龍の中のプンニ분이(シン・セギョン)と
ムヒュル무휼(ユン・ギュンサン)が姿を現す。
暗い夜、緊迫した状況で手を握って逃げる二人の姿に続いて、
別の龍イ・ソンゲ이성계(チョン・ホジン)は血走った目で
どこかに向かって弦をねらう。
以後のシーンは、急速に転換されて
風のような剣客イ・バンジ이방지(ビョン・ヨハン)が
流血のナイフで誰かを斬るような姿が登場、緊張感を高める。


2次ティーザーのクライマックス部分では、
龍虎相搏(용호상박ヨンホサンバク。。。同じくらいの実力をもつ強者のふたりが
戦うこと)
の二人の人物チョン・ドジョン정도전(キム・ミョンミン)と
イ・バンウォン이방원(ユ・アイン)が登場する。
みすぼらしい身なりのチョン・ドジョンは、
山奥の谷を通って、闇が濃く敷かれた洞窟の中で体を動かす。
そこには うら若いイ・バンウォンが待っている。
イバンウォンはついに向かい合ったチョン・ドジョンに

「まことに長い間待ちました。」

と震える声を吟ずる。



まず、35秒の間、見る人を息をする隙間なく責め立てるスピードが圧倒的だ。
戦闘、水拷問、逃亡、アクションなど重みのある場面の転換が急速に進行され
一時も目を離すことができなくさせた。
ここに、まるで心臓の鼓動の音と同じようなバックグラウンドミュージックと
効果音は、さらに緊張感を高めてくれ没入度を引き上げる。

そうであるかと思えばティーザー途中に挿入されたフレーズも、見逃せない。

「力が支配する世の中で定義を泣き叫ぶ」、
 
「新しい世の中のために六龍が飛び立つ」

など感覚的ながらも力のあるコピーは【六龍が飛ぶ】が描く世界観を正確に示し、
大作として期待感を最大限に高める。

言うまでもない俳優たちの演技力、太めながらも大きな世界観、
しっかりとした作品性、圧倒的なスケールと
嵐のように吹き荒れるスピーディーな展開など
【六龍が飛ぶ】2次ティーザーは35秒の間、
数えきれないほど多くの長所を発表して視線を奪った。

同時に今後公開される各キャラクター別ティーザー、
本放送への好奇心を増幅させる役割も果たした。


http://reviewstar.heraldcorp.com/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10291831

--
☆ yuson ☆

投票数:2 平均点:10.00

  条件検索へ