キム・ミョンミン、【六龍が飛ぶ】で「時代劇不敗」神話つなぐ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/15 11:26 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3031


六龍が飛ぶ】に出演されるミョンミンさんへの期待と注目の内容の記事がたくさんネットNewsにあがりました。
ミョンミンさん ファイティーン!
 


キム・ミョンミン、【六龍が飛ぶ】で「時代劇不敗」神話つなぐ

俳優キム・ミョンミンが【六龍が飛ぶ】で史劇不敗神話を継続する。

キム・ミョンミンはSBS創社25周年特別企画ドラマ【ッ六龍が飛ぶ】で
朝鮮の政治的建国者チョン・ドジョン役を引き受け
推しはかることができない変わり者の天才の魅力を発揮する予定だ。

ジャンルを問わず躍動感あふれるキャラクターを誕生させて
大韓民国代表俳優として位置づけたキム・ミョンミンは
特に史劇でより一層演技力を披露してきた。

キム・ミョンミンは2004〜2005年に放送されたKBS「不滅の李舜臣」で
名将李役を演じ、
視聴者にキム・ミョンミンと名前をしっかりと刻印させた。
続いて2011年に公開された映画「朝鮮名探偵:トリカブトの秘密」では、
朝鮮第一の名探偵に変身して、
しらじらしさと真剣さを行き来する幅広い演技力を披露し
コミック演技までされる俳優で完全に認められた。

特有の滑稽さでコメディのジャンルに人並みすぐれるものがあることを発見させた
「朝鮮名探偵」はシリーズ物でまで製作、
今年は「朝鮮名探偵:消えた日雇いの娘」が公開された。

キム・ミョンミンのフィルモグラフィーを充実させ満たした三編の時代劇作品は
興行でも良い結果を得た。
「不滅の李舜臣」は最高視聴率33.1%
(AGBニールセンメディアリサーチ全国基準)を記録しており、
映画二編は、それぞれの累積観客数470万人、380万人以上を記録するなど、
時代劇とのお餅のようにぴったりの相性を証明するに十分な成績を収めた。

大衆に選ばれた結果が物語るように、
キム・ミョンミンと史劇の組み合わせはいつも熱い関心と期待の線上に置かれる。
ここにキム・ミョンミンが1年ぶりにテレビ劇場へのカムバックを控えて
【六龍が飛ぶ】がまた、放映前から多くの話題を生んでいる。
特に、キム・ヨンヒョン-パク・サンヨン作家との初めての出会いで
誰が先にというわけでもなく

「ついに会いましたね」

という感嘆の声をあげた後日談が伝えられ、
各分野で名門の運命的な出会いがどれくらい強力な威力を発揮し
やり遂げるのか成り行きが注目されている。


http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10007118445
http://news.newsway.co.kr/view.php?tp=1&ud=2015091508151790721&md=20150915082114_AO
http://sports.donga.com/3/all/20150915/73628794/2






--
☆ yuson ☆

投票数:1 平均点:10.00

  条件検索へ