【六龍が飛ぶ】今日(19日)成人俳優に完全バトンタッチ..5龍登場

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/10/19 9:54
yuson  管理人   投稿数: 3035

こんにちは〜 
今夜放送の【六龍が飛ぶ】第5話。
子役俳優さん達から完全に声優俳優陣へバトンが渡りまーす!
そして、今夜の第5話は
「今後の【六龍が飛ぶ】の中の朝鮮建国の礎となるもので、
重要な回なので多くの関心をお願いしたい」。と製作陣から呼びかけが出ているそうです。

ネットNewsにも今朝から沢山のNewsが上がってきていますのでご紹介いたしま〜す 

【六龍が飛ぶ】今日(19日)成人俳優に完全バトンタッチ..5龍登場

【六龍が飛ぶ】の朝鮮建国に向けた運命は始まった。
その第一歩で五龍が特別な縁を結ぶ。

19日に放送されるSBS月火ドラマ【六龍が飛ぶ】第5話では
子役俳優から成人俳優へのバトンタッチが完璧に行われる。
第4話末、ユ・アイン(イ・バンウォン)ビョンヨハン(タンセ/イバンジ)が
短い登場にも息詰まるような臨場感で、
視聴者の視線を奪っただけに、注目が集まっている。

【六龍が飛ぶ】第5話ではユ・アイン、ビョンヨハンのほかにも
シン・セギョン(プニ)、ユンギュンサン(ムヒュル)が登場する。
彼らの間の特別な縁が始まり、
彼らの縁を一つにまとめる人物キム・ミョンミン(チョン・ドジョン)とのつながりも
水面に現れる見通しだ。
これに対し製作スタッフは第5話に登場する五人の写真を公開し、
視聴者の期待感を引き上げた。


まず、チョン・ドジョンは多少みすぼらしい身なりだ。
チョン・ドジョンは8年前、知略元国使節を高麗から追い出し戦争も防いだ。
だが、その代償はとても酷かった。
酷い拷問にあった後、とても遠い島流しで離れなければならなかった。
そのようなチョン・ドジョンが歳月が流れ、
成人になったイ・バンウォン-プニ-タンセとどんな縁で向き合うのか注目される。


青年になったイ・バンウォンは一層深みある目つきを持つようになった姿である。
‘正義’を実現しようとの意気で開京に残ったが
変わらなかった世の中に失望と虚しさだけ持っているイ・バンウォン.
彼がチョン・ドジョンが夢見る‘新朝鮮’の計画と会って
どのような変化をむかえることになるだろうか。


第5話から本格的に登場する熱血プニもやはり好奇心を刺激する。
幼い時期からしっかりしていたプニが度胸ある姿に成長した。
シン・セギョンは力がある目つきでどんな試練にも屈しないプニを完璧に表現し、
彼女の登場を待つ視聴者たちの期待感を高めている。




加えて、8年前チョン・ドジョンの一言によって権門世族ベクユンを殺し、
風のような剣士の姿を見せてくれたタンセ、
家族のために武人の道を歩き始めたムヒュルまで。
混乱の中、彼らの話が【六龍が飛ぶ】に翼をつけてくれるものと思われる。

【六龍が飛ぶ】の制作スタッフは、

「今日(19日)放送される第5話で六龍中5人が登場し、
彼らのこれらの自己事情を抱いたまま特別な縁を結ぶ。
イ・バンウォンとyチョン・ドジョン、イバンウォンとプニ、
チョン・ドジョンとプニ、イバンウォンとムヒュル、
ムヒュルとプニ、イバンウォンとタンセなどの縁は
後日【六龍が飛ぶ】の中の朝鮮建国の礎となるものである。
重要な回なので多くの関心をお願いしたい」

と呼びかけた。

http://osen.mt.co.kr/article/G1110272171

--
☆ yuson ☆

投票数:1 平均点:10.00

  条件検索へ