【六龍】ユ・アイン、シン・セギョン、ビョンヨハン、三竜が夢見る新朝鮮の序幕(第5話ストーリー記事)

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/10/20 9:11 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3031

【六龍】ユ・アイン、シン・セギョン、ビョンヨハン、三竜が夢見る新朝鮮の序幕


【六龍が飛ぶ】三龍が本格的に登場して新朝鮮の設立に一歩近づいた。

19日放送されたSBS月火ドラ【六龍が飛ぶ】では
タンセとチョン・ドジョンが建てた新朝鮮に対して関心を持ち始めた
イ・バンウォンの姿が描かれた。

この日タンセがペク・ユを殺す姿を見たイ・バンウォンは
新朝鮮に対する夢で膨らんだ心を落ち着かす事ができなくて
彼の正体を知るために孤軍奮闘した。

一方、タンセとヨニが去った後、
一人残ったプニはチョン・ドジョンの助言に従って、
村の人々と一緒に荒地を開墾し、収穫を控えていた。
しかし、これをテグン(ホ・ジュンソク))の群れ達に見つかり、
彼らは村人達をことごとく殺し収穫物を奪った。

これを避けて逃げたプニは倭寇たちに取り押さえられ、
これを発見したムヒュルは、プニを救い出す方法を探すため、周辺をうろついた。
ちょうどカササギ毒蛇の行方を捜すためにここを訪れたイ・バンゥオンは
ムヒュルを見て一部始終を追及した。

最終的に二人は力を合わせて商人に扮し、
倭寇たちから村の人々を救出する計画を立て、
この過程で、ムヒュルはうっかりしてイ・バンウォンの護衛武士として登板し
只ならぬ縁を予告した。

しかし、実際に村の人々を拉致したのは、倭寇ではなく、
彼らの身代金を受けるために倭寇に扮した高麗人達だった。

苦境に立たされたイ・バンウォンは

「全て自身の右側の人を見て切れ。そしてまた右の方の人を切って生き残る者には
平沢(ピョンテク)平野の半分を与えるだろう。 嘘だったのか。」

と上手な演技を広げ、
さらに戸惑ったムヒュルを指し三韓一番の剣キルテミと身分を欺くこともした。

幸い、覚醒したムヒュルが彼らを撃退し、プニは苦境から脱することができたが、
村人たちを失ったプニは自分に共感しない貴族身分のイ・バンウォンに憤怒し、
ビンタを食らわせた。
以後、プニは官衙の穀物倉庫を燃やしながら、国に対する悲しみを表し、
これにイ・バンウォンは

「とてもロマンチックだ」

とプニに惚れたことを告白した。

また、ドラマの末にはチョン・ドジョンが残した証票(木彫りの人形)を取り出し、
チョン・ドジョンを訪ねて行くプニの姿が描かれ、今後の展開に関心を高めた。

http://osen.mt.co.kr/article/G1110272869


--
☆ yuson ☆

投票数:3 平均点:10.00

  条件検索へ