【六龍が飛ぶ】最高視聴率22.2%記録!第36話、最高の1分

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/2/5 11:56 | 最終変更
yuson  管理人   投稿数: 3022


【六龍が飛ぶ】ユ・アインVSキム・ミョンミン、
葛藤火種再点火…最高視聴率22.2%記録


【六龍が飛ぶ】は、
キム・ウィソンの死でユ・アインとキム・ミョンミンの葛藤が高まった。

2日に放送されたSBS月火ドラマ【六龍が飛ぶ】第36話で
イ・バンウォン(ユ・アイン)は
最後まで高麗に対する忠を破ることができないチョン・モンジュ(キム・ウィソン)を
涙で処断する姿が描かれた。

高麗の大儒者を殺害した代価は苛酷だった。
イ・バンウォンの厳しさに士大夫たちは口をそろえて非難の声を高めており、
民達さえ彼から背を向けた。
怒った父イ・ソンゲ(チョン・ホジン)また、
誰より苛酷にイ・バンウォンを叱責した。

チョン・モンジュが死亡したため設計したチョン・ドジョン(キム・ミョンミン)は
信じて慕っていた友の死を自ら叱責して苦しんだ。
生殺が切り取られたような苦しみを感じていた鄭道伝はすぐ現実を直視した。
彼はイ・ソンゲを探してチョン・モンジュの梟首を主張した。
そして当惑するイ・ソンゲに向かって

「生きているならば、死ぬことができないならば、
我々は責任を負わなければならない」

として冷静な態度を見せた。

死で政治的責任を尽くした鄭夢周(チョン・モンジュ)を
反逆者に追い込むしかなくなった鄭道伝の悲劇を描いたこの場面は
22.2%の視聴率(ニルスプ集計、首都圏基準)を記録、
36話の、最高の1分を飾った。

歴史を一歩も前進させることができなくしたチョン・モンジュの処断は
正当なことだった堅く信じるイ・バンウォンと
大切な友、鄭夢周(チョン・モンジュ)を死に駆り立ててまで推進した大業を
必ず完遂すると約束した鄭道伝。

高麗を終わらせ、新たな国を建てるという意味は同じだが、
その中で成し遂げようとする道が克明に他の2人の男の葛藤は、
今後の話の核心軸になる見通しだ。


http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20160203001439064


--
☆ yuson ☆

投票数:1 平均点:10.00

  条件検索へ